CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
大富豪になる人の小さな習慣術
大富豪になる人の小さな習慣術 (JUGEMレビュー »)
ブライアン・トレーシー, 金森 重樹, 大須賀 典子
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス
ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス (JUGEMレビュー »)
エリヤフ ゴールドラット, 三本木 亮
RECOMMEND
整体入門
整体入門 (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
自分でできる整体の本。心身の自己理解と健康な生活への第一歩。
RECOMMEND
夜と霧 新版
夜と霧 新版 (JUGEMレビュー »)
ヴィクトール・E・フランクル
RECOMMEND
成功の教科書 熱血!原田塾のすべて
成功の教科書 熱血!原田塾のすべて (JUGEMレビュー »)
原田 隆史
行動を変えたいなら、まず読んで、実践べき本。
RECOMMEND
骨盤にきく 気持ちよく眠り、集中力を高める整体入門
骨盤にきく 気持ちよく眠り、集中力を高める整体入門 (JUGEMレビュー »)
片山 洋次郎
不眠などの心身の不調を癒したい人、自分の性格と他人との相性を理解したい人へ。人生変わります。
RECOMMEND
奇貨居くべし―春風篇
奇貨居くべし―春風篇 (JUGEMレビュー »)
宮城谷 昌光
行動指針になる珠玉の言葉の宝庫。荀子その他古代中国時代の思想が学べる。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
エコノミック・ヒットマン 途上国を食い物にするアメリカ
JUGEMテーマ:読書


アメリカ帝国の過去の世界戦略がわかる。
要約すると、
・近代化のための経済支援、技術支援を支配者に対して持ちかける
・米企業が受注して実施
・対米債務と権力者支援により米企業が儲け続ける
ここまでは、自民党やゼネコンが地方に対してやってきたことと似てるような。
ダム作りとか。

違うのは、いうことを聞かない権力者は、CIAが暗殺等するということ。

ゴルゴ13で世界政治を勉強している人には、余計おもしろいかも。

続編を買おうと思ったけど、ペーパーバックがでないかな。
| 政治 | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
地方政治とIT業界─クニミツの政
来週は、衆議院議院選挙です。タイムリーに、家にあった政治の本を読みました。

クニミツの政クニミツの納得いかねえ!
クニミツの政クニミツの納得いかねえ!

…マンガの関連本です。おもしろくて、感動する、そして自分の、日本の将来を左右する。そんな政治マンガ、「クニミツの政」。

そのキャラクターの会話形式で、本編同様小学生・中学生にもわかるように、政治を説明した本です。

郵政の話も出てきます。

政治はビジネスと深く結びついている。古来から、政商という言葉があるように。

現代でも、政治とビジネスは不可分です。特に地方政治では。本書に、公共事業、トンネル企業の話が出てきます。

IT業界も政治とは無縁ではありません。いや、ITゼネコンという言葉もあるように、IT業界の構造は、建設業界に似ている部分が多々あるます。

そして、地方の公共工事でも。土建国家批判が強まり、公共工事の比重は、IT投資へシフトしました。e-Japanという言葉が一時は紙面をにぎわせました。

そのときも、一部の地方の構造は変わりませんでした。地場の企業にしか受注できない仕組みをIT投資についても維持したのです。

大手のIT企業は、直接受注できないので、そのような地場の企業が受注した案件をそっくり丸投げしてもらわざるをえませんでした。

当然、地場の企業は何もしないのにマージンを抜きます。

過去の公共工事には、人が集まることで、地方経済を活性化させるという作用を持つという面がありました。

IT投資にも、多少はそういう面があります。しかし、ITの場合は、装置代と技術料の占める割合が多いことから、土木工事に比べて地方経済を活性化させる作用は大きくないと思います。

それでも地場の産業を優遇するのは、ひとえに天下りのため、あるいは、トンネル企業として政治家のふところにいれるためのように思えます。

IT企業としては、地場の企業を入れることに何のメリットもありません。マージンが減るだけでなく、顧客との調整がしにくくなり、リスクが増えます。

政治はビジネスと不可分。政治がよくなれば、地方のビジネスも、もう少し公正明大になるかもしれません。この本を読んで、そんなことを考えました。
| 政治 | 05:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |