CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
大富豪になる人の小さな習慣術
大富豪になる人の小さな習慣術 (JUGEMレビュー »)
ブライアン・トレーシー, 金森 重樹, 大須賀 典子
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス
ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス (JUGEMレビュー »)
エリヤフ ゴールドラット, 三本木 亮
RECOMMEND
整体入門
整体入門 (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
自分でできる整体の本。心身の自己理解と健康な生活への第一歩。
RECOMMEND
夜と霧 新版
夜と霧 新版 (JUGEMレビュー »)
ヴィクトール・E・フランクル
RECOMMEND
成功の教科書 熱血!原田塾のすべて
成功の教科書 熱血!原田塾のすべて (JUGEMレビュー »)
原田 隆史
行動を変えたいなら、まず読んで、実践べき本。
RECOMMEND
骨盤にきく 気持ちよく眠り、集中力を高める整体入門
骨盤にきく 気持ちよく眠り、集中力を高める整体入門 (JUGEMレビュー »)
片山 洋次郎
不眠などの心身の不調を癒したい人、自分の性格と他人との相性を理解したい人へ。人生変わります。
RECOMMEND
奇貨居くべし―春風篇
奇貨居くべし―春風篇 (JUGEMレビュー »)
宮城谷 昌光
行動指針になる珠玉の言葉の宝庫。荀子その他古代中国時代の思想が学べる。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
できる人は知っている 頭のいい勉強法
評価:
箱田 忠昭
日本実業出版社
¥ 1,365
(2007-02-27)
JUGEMテーマ:読書


よくまとまっています。

実践しようと思ったこと
・6回くり返して記憶
・指などと結びつけて記憶
・15分で異質なものをやる
| 勉強法 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
司法試験に合格しました!!〜私の勉強法(5)
 昨日は、家族で児童館にいって、私は久しぶりにピアノをひいてきました。何回かひくと、多少指が動くようになるんですね。小学生のころまでならってたおかげかな。



 さて、勉強法の第5回です。

 昨日は、

 【計画を修正する仕組みをもっていなかったこと】(=Check、Actionの欠如)

についてでした。


 今日は、

 【慢性疲労の怖さを知らなかったこと】(=知識不足)

についてです。


 第3回で紹介したとおり、『敵を知り、己を知れば百戦して百戦危うからず』、という孫子の一節があります。

 司法試験に合格しました!!〜私の勉強法(3)

 このうち、「己を知る」ということの中には、自分の健康管理も含まれます。

 働きながら勉強していると、どうしても、疲れがたまりやすくなります。自分でペースをコントロールできないので。

 そうすると、自分の今の状態がどういう状態なのかを把握し、貴重な時間を休むことに振り向けるべきかどうか判断できることが重要になります。

 
 慢性疲労というのがあります。寝ても疲れがとれず、頭も体も重く、無気力。これが一番怖い。

 この状態になると、休むという判断ができなくなります。なんとなくだらだら続けてしまう。ちょっと休んだとしても、あまり回復しない。それで、無理して勉強する。そうすると、余計疲れがたまる。勉強しても成績は落ちる一方なので、だんだん精神的にまいってくる。

 過労死するのも、同じようなパターンかもしれません。

 私が就職活動をして択一試験に落ちたときは、まさにこのパターン。模試でも28点とかとっていました。論文じゃなくて択一の模試です(笑)。大学の同期も、このパターンで択一に落ちたといっていました。模試では55点とかとっていたのに、どんどん成績が落ちていったそうです。

 
 これを防ぐには、自分の健康状態を常に把握するようこころがけること。それから、リラクゼーション法をいくつか知って疲れる前にやること。私は、失敗を踏まえ、自律訓練法や斎藤孝の呼吸法、指まわし、骨盤体操など、いろいろやりました。

 最初のふたつは、いつでもどこでもできるので、会社でも重宝しています。



 さて、今日はこのくらいで。 
 
| 勉強法 | 06:15 | comments(3) | trackbacks(1) |
司法試験に合格しました!!〜私の勉強法(4)
 さて、勉強法の4回目。

 昨日は、失敗の原因を以下のとおり分析し、

 【目標を絞ることを知らなかったこと】(=目標設定のやり方の問題)
 【計画を修正する仕組みをもっていなかったこと】(=Check、Actionの欠如)
 【慢性疲労の怖さを知らなかったこと】(=知識不足)

【目標を絞ることを知らなかったこと】(=目標設定のやり方の問題)

について説明しました。

 今日は、

 【計画を修正する仕組みをもっていなかったこと】(=Check、Actionの欠如)

 について。

 これは、立てた計画をどの程度実施したかをチェックし、計画に変更があれば、見直す、という仕組みが必要、ということです。

 企業であれば、立てた計画についてどの程度実施できたかを、第三者的立場にある部門が、チェックし、問題があれば、修正を求める、という仕組みがあります。(予算の実績報告や内部監査など。)

 それを、個人ベースでやるんですね。

 では、どうやるか。

 誰かにやってもらえれば、ラクです。が、なかなかそうはいきません。

 ですので、自分でやります。私は、手帳に計画を差し込んで持ち歩き、毎朝電車でながめ、寝る前に、チェックしていました。

 何をチェックしたかといいますと、その日の達成目標と、毎日の行動目標です。

 その日の達成目標というのは、前日の夜に、翌日やることを8つ書き出したもの。

 毎日の行動目標とは、計画を立てたときに設定した、毎日やるように心がけること(10個)。

 どちらも、「成功の教科書」のノウハウです。

成功の教科書 熱血!原田塾のすべて
成功の教科書 熱血!原田塾のすべて

 こうした仕組みがあれば、就職活動をする、という誤った計画を途中で修正することができたかもしれない、と思います。


 【慢性疲労の怖さを知らなかったこと】(=知識不足)

については、また次回。
| 勉強法 | 09:12 | comments(0) | trackbacks(1) |
司法試験に合格しました!!〜私の勉強法(3)
昨日は、アラン幸福論を読んでおりました。

幸福論
幸福論
アラン, 串田 孫一, 中村 雄二郎

おもしろいのは、体を動かすべきとくり返し説いていること。たしかに、ずっと机にむかっていると、思考まで固くなっちゃいますよね。

本多静六にならって、歩きながら問題をとくのはなかなかおすすめです。



さて、勉強法の第3回です。


 昨日は、私が一回だけ択一試験に落ちたときの話にからめて、計画を立てることは重要だとお話ししました。

 でも、もう一度考えてみると、計画をたてていなかったわけじゃないんです。2月3月は勉強しながら就職活動をして、それから4月は勉強に集中しよう、という計画はありました。


 では、なにが問題だったのか。

 それは、

 【目標を絞ることを知らなかったこと】(=目標設定のやり方の問題)
 【計画を修正する仕組みをもっていなかったこと】(=Check、Actionの欠如)
 【慢性疲労の怖さを知らなかったこと】(=知識不足)

 のみっつだと思います。


 まず、

 【目標を絞ることを知らなかったこと】(=目標設定のやり方の問題)

について。




 『敵を知り、己を知れば百戦して百戦危うからず』、という孫子の一節があります。

 「敵を知る」、というのは、目標について理解し、目標達成のためには何が必要か、ということを認識すること。

 そして、それを、ゴールから逆算して、中間目標にして、認識すること。

 たとえば、論文試験合格のためには、択一試験に合格しなければならない。択一試験合格のためには、直前の全国模試で1回か2回は合格推定点をとらねばならない、というように。


 「己を知る」、とは、自分のもっている資源を認識し、それを効率的に配分すること。

 勉強でいえば、一番の資源は、勉強時間です。それも、集中してできる勉強時間。

 そして、どれくらい成果があがるのか。


 論文試験に合格するためには、自分はいつまでにどれくらい勉強しなければならないのか、ということが、何年も勉強していながらよくわかっていませんでした。

 だから、択一前に就職活動をしよう、なんて無謀なことを考えたんですねぇ。若さゆえのあやまち?


 ついでにいいますと、勉強は、継続してやらないと、すぐ忘れます。アウトプットが不正確になります。

 直前期のアウトプットの重要性については、失敗しつづけた点でもあるので、後述します。

 

 長くなりましたので、

 【計画を修正する仕組みをもっていなかったこと】(=Check、Actionの欠如)
 【慢性疲労の怖さを知らなかったこと】(=知識不足)

 については、また次回。 

 
| 勉強法 | 07:19 | comments(1) | trackbacks(0) |
司法試験に合格しました!!〜私の勉強法(2)
昨日は、いろんな人から、おめでとうといっていただきました。ありがたいと思います。

トイレで隣にきた昔の上司が、突然、「どうだった?」というので、びっくりしました。どこから伝わったんだろう。たばこ部屋かな?



さて、勉強法の第2回です。

昨日は、勉強のポイントを、

【相手の要求にこたえること】
【PDCAサイクルをまわすこと】

のふたつだといいました。


このふたつは、長い受験生活(10年以上です…。お恥ずかしい(^^ゞ)の過程で、重要性を体感したものです。

私が、どのように重要性を体感したかを、私の失敗体験とからめてお話したいと思います。


まず、PDCAのうちの、P(プランニング)の重要性について。

受験生活は、4、5年たつと、マンネリ化してきます。何度か落ちると、このまま去年と同じことをやっていてもだめなんじゃないかな、と思い始めます。

当時は、まだ大学生でしたが、優先枠がある最期の年。そして、落ちたら就職しなければならない、という状況でした。

私は、なにごとも、事前に選択肢を容易しておかないと不安なたちなので、5月にある択一試験の前に、就職活動を始めました。

そして、就職活動で心身ともに疲れてしまい、択一模試の成績はさがり始めました。

あせって、勉強したところ、疲労は慢性化し、勉強すればするほど疲れて模試の成績はさがり、あせってまた勉強する、という泥沼にはまってしまったのです。

そして、初めて択一試験に落ちました。就職活動という心身ともにコストのかかることをやったのだから、ある意味当然です。1回目2回目と択一試験には通っていたので、択一試験を甘くみてしまった部分もあります。

でも、根本の原因は、勉強の計画をもっていなかったこと。択一試験にとおったとしても、論文試験には落ちていたのですから、論文試験に受かる実力をつけるためには、就職活動する時間などあるはずがなかったのですが。。。

もちろん、当時は、計画の立て方や立てた計画をいかに守るか、といったノウハウを持っていなかったので、無理もないところはあります。当時、このようなノウハウがあれば、、、


で、択一試験に落ちたあと呆然としながら就職活動を継続し、なんとか内定をもらい、会社の法務部に配属されました。

そのあとも、たくさん失敗しました。ですが、そろそろ時間がきてしまいまたので、続きはまた明日。


□お願い

こういうところが知りたい、それってどういうこと?等々ございましたら、コメント・トラックバックで教えていただけるとたいへんありがたいと思います。

司法試験に合格しました!!〜私の勉強法(1)
| 勉強法 | 06:13 | comments(2) | trackbacks(0) |
司法試験に合格しました!!〜私の勉強法(1)
 先日ちょっと申し上げましたが、昨日が司法試験の合格発表でした。無事合格しておりました。

 あらためて、妻をはじめとする支えてくれた人たちに、心から感謝したいと思いますm(__)m。ひとえにみなさんの有形無形の支えのおかげです。



 さて、これから、合格を記念して(?)、何回かに分けて、私の勉強法をご紹介したいと思います。


 私は、大学を卒業してからずっと企業の法務部門で働いておりました。ですので、働きながら勉強するためにいろいろと工夫をしました。ドラッカーのいう知識労働者化に伴って、ビジネスパーソンとして勉強をしている方はたくさんいらっしゃると思います。そんな方に役立てていただければなぁと思います。

 また、大学卒業まで5年ほど専業受験生をやっておりましたので、専業受験生が注意すべきことというのもよくわかります。ですので、ロースクール生を含む専業受験生にも参考にしていただけるのではないかと期待しています。


■勉強のポイント

前置きはこのくらいにして、勉強のポイントをひとことでいうと、

【相手の要求にこたえること】
【PDCAサイクルをまわすこと】

の2点に集約できると思います。

前者は、マーケティングの発想です。
後者は、経営管理の発想です。



というところで、時間がきてしまいまたので、続きはまた明日。


こういうところが知りたい、それってどういうこと?等々ございましたら、コメント・トラックバックで教えていただけるとたいへんありがたいと思います。

| 勉強法 | 06:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |